小岩で痛みの少ない治療を提供する歯医者。噛み合わせを重視した高度な治療を行います。

〒124-0021 東京都葛飾区細田4-25-1 京成小岩駅徒歩10分
JR総武線「小岩駅」徒歩12分 ライフ・サミット近

 
 9:30〜13:00 ×
14:30〜19:30 ×

△:9:00~13:00/14:30~17:00

インプラント治療

当院では、虫歯や歯周病などの理由で歯を失ってしまった患者様に、インプラント治療を提供できる体制を整えております。インプラント治療は、失ってしまった箇所に人口の歯根(土台)を埋め込み、そこにセラミックなどでできた白いかぶせ物をつけて、天然の歯のような美しい見た目と、ものを噛む機能を取り戻せる治療です。

当院のインプラント治療に対するこだわり

世界にはたくさんのインプラントメーカーがあります。日本国内でも多くのメーカーのインプラントが使用されています。その中でも、ストローマンインプラントは世界70か国以上で使用されているインプラントメーカーで安心の実績と信用があります。

インプラント治療を成功させるためには、体内に埋め込むインプラント体自体が安全性の高いものである必要があります。大学病院等の研究機関で使用され、長期的な臨床成績が良好なものが信頼性・安全性の高いインプラントといえます。インプラントメーカーは、新しい会社が何社も生まれては消えていく厳しい環境に置かれています。患者さんに安心してインプラント治療を受けていただくためには、信頼性と安全性の実績を兼ね備えた会社の製品を使用することがとても大切です。もし取引をしているインプラントメーカーが数年後に無くなるなどのトラブルに巻き込まれた際、治療に必要なパーツが確保できないと我々歯科医師もしっかりと治すことができないのです。

当院では、世界で信頼を集めるメーカーのひとつに発展したストローマン社製のインプラントを採択しております。前述の通り、現在数百社を超えるインプラントメーカーの中でもっとも信頼されているメーカーの一つだからです。世界70ヶ国以上、500万人以上の患者さんが、ストローマンインプラントによる治療を受けています。

1300万本以上のストローマンインプラントが治療に使用されていて、世界のインプラント市場でトップクラスのシェアを誇ります。これは長年の研究開発による良質なインプラントとして、多くの歯科医院と患者さんから信頼されていることの表れともいえます。

また、万が一インプラントにトラブルがあった場合でも、多くの歯科医院でストローマンインプラントが取り扱われているため、世界中の歯科医院で対応可能であるというメリットもあります。日本国内でも多くの歯科医院でストローマンインプラントが使用されているので、転勤や引越しの可能性があるという人でも、転居先で適切な対応が受けられます。

世界には100以上のインプラントメーカーがあり、様々なインプラントを生産していますが、長期的な臨床研究が行われているインプラントは非常に少なく、学術的に検証されていないインプラントが多数存在しているのが現状です。ストローマンインプラントは治療後5年および10年の長期的な臨床データがあり、確かな安全性が立証されています。つまり、インプラント研究の長期的な積み重ねが品質の高い製品開発へとつながっているのです。

ストローマンインプラントは、スイスの時計産業に用いられる精密な技術と、徹底した品質管理のもとで製造が行われており、高い品質が維持されています。現在はもちろんのこと、将来的にもより良いインプラントの研究・開発に取り組んでいく企業姿勢に共感し、当院のインプラントはストローマン社製のものを採用しています。

インプラントの治療費について

1)1次オペ埋入 1本 300,000円

2)2次オペ(コア) 1本 54,000円

3)サイナスリフト 216,000円~

4)ソケットリフト 108,000円

※上記価格は税別です。

 

※インプラントの上に装着する人工歯(上部構造)は、6~15万となります。詳しくはかぶせ物の料金表を参考にしてください。

よくあるご質問

インプラント治療は何歳でも受けられますか?

顎の成長が止まっていない年齢ではインプラント治療を行いません。個人差はありますが、通常は20歳以降を目安にインプラント治療をおこなうことが可能です。高齢の場合、特に年齢制限は設けておりませんが、インプラント治療のリスクとなる全身疾患がないこととメンテナンスを継続しておこなえることが必要となります。

インプラントはどれくらいもちますか?

現在一般的に使われているチタン製インプラントは約50年前から使用されており、適切なセルフケアと定期的なメンテナンスをおこなえば、健康な状態で長期にわたって機能することが証明されています。
 
しかし、治療後のメンテナンスを十分におこなわないと、インプラント周囲炎などのトラブルが発生することがあります。インプラントのみでなく、口の中全体の口腔清掃をしっかりとおこない、インプラント周囲炎を予防することが大切です。
 
インプラントの上に装着する人工歯(上部構造)については、天然歯の詰め物・被せ物と同様に欠けたり外れたりすることがあります。また天然歯と違い、インプラントの人工歯はアバットメントを介してインプラントにネジ止めされていますが、このネジが緩むことがあります。定期的に検診を受け、咬み合わせやネジの緩みをチェックし、トラブルを予防することが大切です。

相談したい時はどうしたらいいの?

どうぞお気軽にお問合せください