小岩で痛みの少ない治療を提供する歯医者。噛み合わせを重視した高度な治療を行います。

〒124-0021 東京都葛飾区細田4-25-1 京成小岩駅徒歩10分
JR総武線「小岩駅」徒歩12分 ライフ・サミット近

 
 9:30〜13:00 ×
14:30〜19:30 ×

△:9:00~13:00/14:30~17:00

スポーツ用マウスピース(マウスガード)

スポーツ用マウスピース(マウスガード)とは

私たちがスポーツをする際、プレイヤーのお口の中や頭(脳)には大きな負担がかかっています。格闘技やラグビーなど打撃や身体的接触の多いスポーツはイメージしやすいですが、実は野球や陸上競技など非接触系の競技でも怪我のリスクはあります。スポーツで力を入れたり踏ん張ったりする際、実はものすごい力で食いしばっているため、歯に大きな負荷がかかり、歯が折れたり、口腔粘膜を傷つけてしまうことがあります。スポーツ用マウスピースには、怪我なく安全にスポーツができる「安全器具」としての役割があります。

 

さらに、スポーツ用マウスピースにはもうひとつ重要な役割があります。それは「スポーツのパフォーマンスを上げる」という役割です。マウスピースを装着することで、歯の接触面積が広がり脳から筋力を上げるという命令が出ます。体が脳からの命令を受けると、結果としてパンチ力が上がったり、打球の飛距離が飛ぶなどの効果が期待できます。また、しっかりとかみ合わせがされることで、体のバランスがよくなりフォームが安定するといった効果もあります。

 

スポーツ用マウスピースの特徴(メリット)

お口の怪我を未然に予防

歯の損傷(破折、ヒビ、抜け、ぐらつき)、口腔粘膜の怪我(唇・舌・粘膜の裂傷)、顎の怪我(顎骨のヒビ、骨折)などを予防します。

脳へのダメージを和らげる

頭部に強い衝撃があった際のダメージを緩和します。脳への衝撃は、脳震とうはもちろん脳挫傷など命に関わる危険性があるので保護することが重要です。

筋力・運動能力がアップ

マウスピースを装着し噛みあわせがよくなると、筋力がアップし運動のパフォーマンスが向上します。

 

歯の磨り減りを防止

スポーツ選手は、思った以上に歯を強く食いしばっているため、無意識のうちに歯に大きな負担をかけています。運動中は日常生活の何倍も強い力で噛んでいるため、歯が磨り減ったり、欠けたりしやすいですが、装着すると歯を守ることができます。

顎の関節を保護

頭部や口への強い衝撃は「顎関節症」の原因になりますが、装着することでリスクを予防、軽減することができます。

体のバランスがよくなる

マウスピースを装着し噛みあわせがよくなると、頭・首・背骨・腰の位置が正常になりバランスが整い、フォームなどが安定します。

心理的安心による効果

怪我を気にすることなくプレーに専念できるため、安心してスポーツに取り組めます。またガムを噛むのと同じような効果(集中力アップ、リラックス効果)も期待できます。

相手選手の怪我の予防

不意の接触プレーで、相手選手の顔面などを自分の歯で傷つけるのを防ぐことができます。

将来的なコストカット

不慮のスポーツ事故で、歯を痛めるなど負傷してしまうと多額の治療費がかかります。マウスピースの装着で余計な出費のリスクを抑えることができます。

RYMS(ライムス)社との提携

RYMS(ライムス)社は、これまで20年の間に延べ20万人にマウスピース(マウスガード)を提供してきた実績があり、高い技術力とノウハウをもっています。また完全オーダーメイドで制作するので、患者様ひとり一人に合ったオンリーワンのマウスピースが出来上がります。実際にオリンピック選手や世界チャンピオンなどトップアスリートへの提供実績もあり、高い評価を得ています。また全国100軒以上の歯科医院とも連携しているため、歯や噛み合わせの専門家の知見が蓄積され、より質の高い製品ができあがります。

 

RYMS(ライムス)公式サイト

 

当院も患者さん一人ひとりにクオリティの高いマウスピースを提供するため、RYMS社と連携することになりました。なお、当院院長の中原は、日本顎咬合学会認定医(噛みあわせの専門家)なので、マウスピースの制作を検討されている方はぜひ気軽にご相談ください。

 

院長プロフィールはこちら