小岩で痛みの少ない治療を提供する歯医者。噛み合わせを重視した高度な治療を行います。

〒124-0021 東京都葛飾区細田4-25-1 京成小岩駅徒歩10分
JR総武線「小岩駅」徒歩12分 ライフ・サミット近

 
 9:30〜13:00 ×
14:30〜19:30 ×

△:8:30〜13:00/14:30〜17:00

当院での小児歯科治療における安全対策について

-2018年01月17日-

 

いつも当院のブログをお読みいただきありがとうございます。

 

テレビやインターネット等の報道で既にご存知の方も多いかと思いますが、昨年の夏、福岡県内の小児歯科医院で治療を受けた2歳の女の子が、低酸素脳症に陥り亡くなったという痛ましい事故が起きました。亡くなった女の子とそのご家族に対し、心よりお悔やみ申し上げます。

 

実際の事故に関する詳しい内容はわからないため、直接的なコメント出来ませんが、一般論として低年齢児を治療する事はハイリスクです。

 

私達は患者様に痛みや全身の重篤な症状出る前に、虫歯の治療に介入しないといけない事も多く、診断の結果早急な治療が必要な場合は専門病院を紹介します。症状がまだ初期の段階なら進行抑制できるように指導します。

 

当院では、報道にあったゴムのマスクを必要に応じて使用することがありますが、基本的には3歳未満で鼻呼吸ができない子には使いません。もし万が一、麻酔によるアレルギーが出た場合も、当院院長は上級救命の資格を取得しているので、報道にあったような症状が出た場合も適切に処置することができます。

 

また、少し専門的な話になりますが、エピペンなどのアレルギー対処する薬、酸素吸入、AEDなど、緊急時に対応できる準備を整えています。当院で万が一のことが起こった場合、初期対処をしてすぐに救急車を呼び、提携先である東京歯科大市川総合病院、もしくは都立墨東病院に搬送することにしています。

 

当院には0歳児から多くの子供が来ておりますが、安心安全な治療を提供できるようスタッフ一同日々研鑽しております。今回の事故の報道を受け、今まで以上に気を引き締めてまいりますので、患者様におかれましては安心してご来院いただければと思います。

 

最後になりますが院長の中原がいつも言っている言葉を紹介させていただきます。

 

「むし歯にならせないように指導するのが、我々歯科医師の務め。虫歯にしないようにするのが親の役目」

 

むし歯でお困りのお子さんを治療するのは我々の重要な役目ですが、やはりむし歯にならないで、子供にリスクを負わせる治療をしないで済むのが一番です。残念ながらこの役目を果たせていない親が多いのも事実ですが、私達の日々の取り組みで、そんな親を1人でも減らせるようこれからも診療してまいります。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。