小岩で痛みの少ない治療を提供する歯医者。噛み合わせを重視した高度な治療を行います。

〒124-0021 東京都葛飾区細田4-25-1 京成小岩駅徒歩10分
JR総武線「小岩駅」徒歩12分 ライフ・サミット近

 
 9:30〜13:00 ×
14:30〜18:30 ×

△:9:00~13:00/14:30~17:00

次世代の印象(歯の型取り)を実現する「口腔内スキャナー」を導入!

-2020年10月29日-

いつも当院のブログをお読みいただきありがとうございます。

この度当院では「iTero(アイテロ)」という口腔内スキャナー(3Dスキャナー)を導入しました。この機械を簡単に説明すると、デジタルで歯の型どり(印象)ができる機械です。(光学スキャンニングといいます)

 

虫歯やケガが原因で歯が欠損した際、詰め物やかぶせ物で見た目や機能を回復させるのですが、その際に印象材という「ぐにゃっ」としたものを噛んで型取りをする必要があります。

 

しかし、口腔内スキャナーの場合、機械の先端から出る光でお口の中をスキャニングすると、10分ほどで歯の型取りができ、デジタルデータとして保存することができます。

 

<口腔内スキャナーを使うことのメリット>

①精密・正確さ

口腔内スキャナーを使うと、印象材を噛んで型取りした場合より、はるかに精密で正確な歯型が取れます。緻密で正確な歯型が取れれば、質のよい詰め物やかぶせものを作ることができ、矯正治療などおこなう際にも正確な診断や処置ができます。

 

②快適さ

噛んで型取りをする際、「ぐにゃっ」という感触の印象材というものを数分噛み続けて固まるのを待ちますが、この工程が不快という患者さんが結構いらっしゃいます。特に「嘔吐反射(口の奥に物が入った際の「オエッ」という反応)」がひどい患者さんは、この数分間がものすごく苦痛なようです。口腔内スキャナーはお口の中に光を当ててデータを取るので、前述のような不快感がなく快適に印象を取ることができます。

 

③安全性

口腔内スキャナーから出る光は、レントゲンやCTから出る放射線ではないのでとても安全です。つまり、放射線の被曝をせずに虫歯のチェックをすることが可能です。小さなお子様や妊娠中の方も、安心して治療をお受けいただくことができます。また噛んで型取りする際に使う印象材を誤って飲み込んでしまう「誤嚥」の危険性もありません。

 

④早い

印象材を使った型取りは、模型ができるまで時間がかかります。一方で、口腔内スキャナーなら10分ほどスキャンしたら、すぐに型取りした歯型データが出来上がります。

 

⑤保存性に優れている

印象材を使って完成した型取り模型(石膏で出来ています)は、長期間保存していると破損や紛失のリスクがあります。口腔内スキャナーで作ったデジタルデータなら、保存やバックアップが容易で、データが破損、紛失するリスクが軽減されます。

 

⑥医療情報の共有がしやすくなる

歯の治療をおこなうにあたり、歯型のデータはとても重要な資料となります。このデータをデジタルで管理することで、院内の医療スタッフや外部の専門医との間で情報共有をスピーディにおこなうことができます。また引っ越し等による転院の際など、スムーズに歯型データの受け渡しが可能となります。

 

 

上記のように、口腔内スキャナーを導入することで様々なメリットがあります。

 

当院では、患者さんに安全で快適な治療を受けていたけるよう、今後も最新の設備や機器の導入を心がけてまいります。

 

モニターに繋がっている装置でお口の中をスキャニングします

写真のように、お口の中の様子が鮮明にスキャニングされます

スキャニングした画像はデータとして保存され、いつでも簡単に呼び出すことができます