小岩で痛みの少ない治療を提供する歯医者。噛み合わせを重視した高度な治療を行います。

〒124-0021 東京都葛飾区細田4-25-1 京成小岩駅徒歩10分
JR総武線「小岩駅」徒歩12分 ライフ・サミット近

 
 9:30〜13:00 ×
14:30〜19:30 ×

△:8:30〜13:00/14:30〜17:00

入れ歯(義歯)ケアグッズの種類と正しい選び方

入れ歯ケアの重要性

義歯(入れ歯)を長く安全に快適に使い続けるためには、歯科医院側だけでなく患者様ご自身でのケア(セルフケア)がとても重要です。現在多くのメーカーから様々な種類の入れ歯ケアグッズが販売されていますが、大きく分けると「入れ歯を洗浄するもの」と「入れ歯を安定させるもの」の2つに分けることができます。患者様ご自身の入れ歯に合ったグッズを選び、こまめにケアをおこなうようにしてください。

それでは、もししっかりケアをおこなわなかった場合、どのような悪影響があるのでしょうか?

1、入れ歯にカンジダ菌が増殖し、加齢やストレスなどで抵抗力が落ちていると、口腔カンジダ症を発症し全身に悪影響を及ぼします。

2、細菌が繁殖し口臭の原因になります。

3、入れ歯に色素や歯石が付きやすくなり、見た目が汚くなります。

4、自分の歯がある場合、その歯が虫歯や歯周病になりやすくなります。

入れ歯ケアグッズにはどんなものがあるのか

  • 1
    入れ歯を洗浄するもの

【義歯洗浄剤】

入れ歯に着いた汚れを化学的な反応で落とすための薬剤です。色々なタイプの洗浄剤があり、入れ歯によっては使用できないものもあるので注意が必要です。「次亜塩素酸」「過酸化物」「酵素」「銀系無機抗菌剤」「生薬」「酸」「消毒薬」などのタイプがあります。

【義歯ブラシ】

取り外した入れ歯の汚れをきれいに落とすためのブラシです。

【義歯用歯磨剤】

入れ歯の表面を傷めないよう、研磨剤の入っていないタイプの歯磨き剤です。

  • 2
    入れ歯を安定させるもの

一般的に「義歯安定剤」と呼ばれており、大きく2つのタイプに分かれます。

①義歯粘着剤

粉末タイプ、クリームタイプ、テープ・シールタイプの3つがあります。

②ホームリライナー

クッションタイプとなります。

  • 3
    その他

病気や薬物の服用で唾液の分泌障害が生じると「口腔乾燥」の状態に陥り、口腔内のひび割れや細菌が繁殖による疾患や口臭の悪化などが起こります。「口腔湿潤剤」というケア用品を使うことで、口腔内の保湿を補い、上記のような状況を改善させるためのケア用品です。

 

おすすめ商品

義歯用歯ブラシ

義歯(入れ歯)を清掃するための専用ブラシです。汚れがたまりやすい義歯の粘膜面の溝、歯間部、クラスプ(バネ)など、すみずみまできれいに清掃することができます。

粘膜用スポンジブラシ

デリケートなお口の粘膜部分の汚れをきれいに清掃するための専用ブラシです。このブラシは先端が柔らかいスポンジになっており、口腔内の粘膜部分の汚れを優しくからめ取ります。

舌ブラシ

舌をきれいにケアしないと汚れがたまり、そこに細菌が繁殖し口臭やさまざまなトラブルを引き起こします。繊細な舌の表面を傷つけない専用のブラシで汚れをかき出し除去します。

 

義歯洗浄剤キラリ

大切な入れ歯を毎日ケアするための家庭用義歯洗浄剤です。入れ歯を傷めない中性タイプなのでほとんどの入れ歯で安心してご利用いただけます。詳しくは歯科医師までご相談ください。

義歯安定剤ファストン

入れ歯にふりかけるだけで使える粉末タイプの入れ歯安定剤で、入れ歯を使い始めの方やすき間の小さな方におすすめです。粉末なので安定剤が薄くつき、違和感が少なくご利用いただけます。

オーラルピース 

水と植物由来成分でつくられた低刺激の口腔ケア健康ジェル。これ一つで歯磨きと口内保湿にお使いいただけます。ブラッシングしながら洗浄しプラークを除去し、虫歯や口臭を予防します。